『桜の季節』

今年も、桜の季節になりました。昨年がどんなに暑い夏でも、どんなに寒い冬でも、桜が春の訪れを教えてくれます。最近、桜見物は、外国人旅行者に大人気で、桜は日本人のみならず、外国の方にも日本の魅力的な象徴の一つになったようです。

今年の新入社員は、28名です。28日の入社式から研修に入り、今、慣れない施設で奮闘中です。新入社員も、桜のように春になれば必ず訪れますが、魅力は桜以上です。さくらの見ごろは数日ですが、新入社員は、これから咲き続けます。しかし、その花が大輪になるか否かは、本人の努力と肥料次第です。

肥料を与えるのは、先輩・上司です。よろしくお願いします。

 

2017年4月10日

『東日本大震災から6年』

今月11日で、東日本大震災発生から6年になります。日頃の報道では、NHKの日曜日に特集が取り上げられる程度になっています。

報道があるから人は関心を持つのか、関心を持つから報道になるのかは、いずれにしても情報量と関心度は比例すると思います。

しかし、この東日本大震災は、我々に自然の驚異や防災の意義を、多大な犠牲のもとで教えてくれた大切な経験です。被災者の為にも、この経験を活かし、いち早い復興や防災に繋げたいと思います。

パン デ パルクで毎月行っている東日本大震災の「支援パン」は、今月は「つぶあんぱん」です。

ご賞味ください。

 

2017年3月10日

『コミュニケーションⅡ』

下半期の経営方針発表会は、韓流スター「ペ・ヨンジュン」の笑顔から

始まりました。好き嫌いはあるでしょうが、あの笑顔にはコミュニケーション

を学ぶ要因が詰め込まれています。目、口角、見せる歯。

コミュニケーションは、言葉より表情から始まります。口角が下がった顔

より、上がった顔の方が良い印象を相手に与えます。朝の「おはよう」の挨拶

が、無愛想な顔より笑顔で言われた方がやる気が出ますね。

 

 コミュニケーションとは、お互いの関係性の構築で、相手の話を相手の

立場で共感的に、うなずきながら、相づちの言葉を入れて、会話ではなく

対話をすることです。

 

職場の良い空気感は、良いコミュニケーションから始まります。

 

2017年2月10日

『新年を迎えて』

世の中は、一人によって変化をします。変化の張本人の一人は、

東京都知事の小池百合子氏であり、もう一人はアメリカ次期大統領

のトランプ氏です。その変化の源泉は、「熱意」であると思います。

「都民ファースト」「偉大なアメリカ」、判りやすい言葉で表現し、心を

捉えています。その結果は判りませんが、まず熱意が必要です。

そこで私は、今年の行動を表しますと、「」にしたいと思います。

我社の課題に挑む、新しいビジネス創造に挑む・・・etc

各自が目標を掲げ戦をし、そしてその実践により、

皆さまも会社も素晴らしい一年にしましょう。

 

2017年1月10日

『未来へ TO THE MAX !!』

今年度の感謝祭のスローガンです。このスローガンは、「B.LEAGUE初代王者」を目指す「栃木ブレックス」の今シーズンのスローガンです。常に選手、スタッフ全員が最大限の努力を注ぎ、選手たちが「最高のパフォーマンス」をして、目標を達成すると言う強い意志を表した言葉です。現在、ブレックスは怪我人もいますが、そのフォローを全員が行い、東地区 第2位の位置にいます。チームが常に万全な状態でありたいと思いましても、現実は必ずしもそうにはなりません。しかしその中でも「最高のパフォーマンス」をして結果を残すと言うことは、我社にも大いに学ぶことがあると思います。

我社も全社員が、他の社員のカバーをし、最大限の努力を行えば、社員環境の良い職場と会社を作りあげられます。皆様方の協力をお願いいたします。

 

2016年12月10日

1 2 3 4 5 6 7 19 20