Monthly Archives: 10月 2010

ジャパンカップ

24日の日曜日、曇り空のサイクルレースには絶好の日和の中、ジャパンカップが宇都宮市の古賀志山で行われた。

日本のサイクルレースで最高峰に位置されたジャパンカップに、7万人のファンが集まった。
ファンが見守る中、10時にスタートし、14時過ぎにゴールする過酷なレースだ。

山あり坂ありの厳しいコースに14チーム69名が参加した。

ヨーロッパの選手やオーストラリアの選手も参加し、流石に国際大会に位置付けられた大会である。

地元ブリッチェンは果敢に山岳賞を狙うが叶わず、また目標の10位以内も叶わなかったが、大いにファンを盛り上げた。

前日の大通りで開催されたクリテリウムも盛大で、新たなスポーツが宇都宮で認知されようとしている。
スーパーハイブリッドエコカー(自転車)を認識し、自転車の町宇都宮を実現しましょう。

保養とアートの宿

創業460年を誇る老舗板室温泉大黒屋。

以前の板室温泉大黒屋は湯治客で賑わっていたが、16代の現室井社長の時に変身する。 

室井社長の話が聞けると言うので、大黒屋に赴いた。
 

温泉文化は日本の伝統の文化であるが、バブルを境に大きく変化した。
団体から個人へ。 

個人は温泉に行きながらも、何か新しい物との出会いを楽しむことになり、そこで目を付けたのが、現代アートであった。

 室井社長の「保養とアート」と言うテーマの講演は大変興味深く、また新鮮でした。 

庭や建物の至る所にアートがあり、旅館と言うより美術館のような大黒屋は、室井社長曰く「この空間を楽しめる人がお客様だと。」
 

“宿がお客様を選ぶ”

研修ではなく、お客様として体感したい旅館です。

 

 

 

食育フェア2010

今年で第5回の「うつのみや食育フェア」が、3日の日曜日に開催されました。
今年も、当社でブースを出店し協賛しました。

今年の当社のブースでは、こだわり野菜販売と「にんにく掴み取り」イベントで、特に「にんにく掴み取り」は好評でした。

那須の無農薬のニンニクでしたから。
今年は天気に恵まれ、暑いくらいで、汗を掻きながらのイベント会場でした。

毎年毎年人が多くなっているような気がします。新聞では、4万人とのこと、それだけ健康に関心が高いのでしょう。

このイベントは、色々な会社や団体のノウハウや最新の情報が陳列されていますので、私は非常に参考になります。

皆さん、是非、来年は足を運んでみては思います。

また、今月の23、24日は、栃木県主催の「とちぎ”食と農″ふれあいフェア」があります。

このイベントは未だですから、足を運んでみて下さい。